川崎・横浜~神奈川・東京を中心に、相続でお困りの方を安心してサポートいたします。

法定相続人

【法定相続人】

法定相続人とは、民法で定められた相続人のことです。

相続人には順位が定められています。ただし、被相続人に配偶者がいる場合には順位に関係なく、その配偶者は必ず相続人になることができます。

 第1順位  子、孫(子がすでに死亡のとき
 第2順位  父母、祖父母(直系尊属)
 第3順位  兄弟姉妹、甥姪(兄弟姉妹がすでに死亡のとき)

まず、第1順位である子が相続人になります。子がすでに死亡している場合は、その子(孫)が代わりに相続人(代襲相続人)となります。
第2順位である父母などは、第1順位の子や孫がおらず、すべての子や孫が相続放棄をした場合に相続人になります。
そして、子や孫、父母がいない場合、またはそれらの人すべてが相続放棄をしたときに、第3順位である兄弟姉妹が相続人になります。

父よりも先に子がなくなってしまった場合は、亡くなった相続人に子がいればそのものが相続します。これを「代襲相続」といいます。直系卑属(子・孫・ひ孫など)に関しては、相続できるものにたどりつくまで、次々に代襲相続が認められています。

兄弟姉妹が相続人になる場合でも、代襲相続は認められていますが、一代限りとなっています。

  • facebook

facebook

弊社チラシ〔PDF〕

anshin-A4-50p

弊社チラシ〔JPG〕

anshin-A4-50p

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.